読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャニヲタ卒業します~今までの記憶を記録に~

ひと段落したのでご報告も兼ねて。

先月、医師国家試験を受験してきました。合格していれば、4月からは医師として働き始めます。それに伴い、3月いっぱいをもって、おた卒します。

一時期、「担降りブログ」なるものが流行ったこともありましたが、これは言うなれば「おた卒ブログ」です。そこまで大層なものでもないか。笑

担当である重岡くんのことを、私が、私だけのために書き連ねます。たまたまURLを開いてしまったあなたが読んでも得ることはおそらくほぼほぼないです。ごめんなさい。

それでは。

 

重岡大毅」という人をいつ知ったのか、正直よく覚えていない。

元担であるKis-My-Ft2玉森裕太くんを知り、好きになったきっかけは今でもよく覚えているのに。

ただ、私がTwitterを初めて間もない頃に、「最近気になるJrがいるんだ!関西の7WESTのしげちゃん!」そんな会話を、深夜に友人とタイムラインで繰り広げていたことは覚えている。(しげちゃん呼びについては追求しないでほしい。)

キスマイ目当てで購入していたアイドル誌なのか、はたまたザ少年倶楽部に出ていたのを見てなのか。ツイログでさえ遡れないので、きっかけが全く思い出せない。

でも多分、本当に思い出せないくらいの、些細なものだったんだと思う。そんな重岡くんの担当になる日が来るなんて、このときは思ってもみなかった。

それからひたすら「気になる人」「好きなJr」「一度は会ってみたい人」の期間が続く。彼らの活動の拠点は関西だし、諸々の大学の都合や家庭の事情もあり、自担でもない人に会いに、ましてや関西まで*1行くなんてできなかった。

関西Jrとの初めましては2012年の野球大会(重岡くん欠席でわりとショックだった)、念願の重岡くんとの初めましては、2012-2013のカウコンだったわけだが、キスマイをメインで見に行ったものの、東京ドームで踊るLGWK*2の楽しさと感動は、今でもよく覚えている。

2013年、ついに私のジャニヲタ生活を大きく変えることになる現場に出会う。それが「関西ジャニーズJr.初全国ツアー」である。

たまたま宮城(隣県)に来てくれて、行けたらいいな、くらいのほぼ興味本位でチケットを申し込んで、たまたま当選して。当時まだ関ジュ担の友人もほとんどいなかった私は、きっと落選していたら、チケットを探してまでは行かなかった気がしている。

コンサート終了後、当時少しだけやっていたブログ(もはや黒歴史)に、こんなことを書いていた。

あとね、客席に向かって笑ってるしげも好きだけど、振りとかで下の方向いたときもずーっと笑ってて、あ、この子、ほんっとに楽しんでる!って思って感動してしまった。゜(´⊃ω⊂`)゜。
今回ライブ行ってみて、しげって、どこまで何考えてあの笑顔してるんだろうって思って。いい意味で、すごく計算してるんだろうな、仕事人なんだろうなって思った。十代で関ジュのセンター張るようになって、きっと辛いこととか大変なこともあったんだろうけど、ファンにはそんなの全然見せないし、いつ見ても笑顔でキラキラしてて。担当ってわけにはいかないけど、これからも応援して行きたいなって思いが前よりも強くなってしまいました

はいコレ振りかな?君は担当になったよ。

でもここに、私が重岡大毅に転げ落ちるように担降りしてしまった全ての源があった。

きっとこのとき、カメラに抜かれないようなところでも楽しそうに歌い踊る重岡大毅を目撃しなかったら、仕事人重岡大毅*3を目撃しなかったら、担当になることはなかったんだと思う。

これは完全に今の私にも引き継がれていて、重岡くんを見に行くときは野鳥の会*4をしていることが多い。私の好きな重岡大毅は、カメラには抜かれないのだ。

こうして完全に(当時は認めたくなかったが、今となってはきっとこの時から私の担降りは始まっていたのだろう)重岡大毅に心を奪われたまま、月日は流れていく。

ANOTHERにも足を運び、キスマイのSNOW DOMEの約束大阪公演に入れば重岡大毅が現れた*5。もうこれは重岡大毅に担降りをせがまれているようにしか思えない…(大袈裟)というその矢先が、関ジュ担誰しもの心をざわつかせたクリパ*6からのあのカウコン*7である。

重岡くんは最初からデビューできる側にいたわけではあるが、大好きな7WESTが解体され、もうあの4人が、そして大好きなシンメである重岡大毅神山智洋が、並ぶことはないのかと、手放しで喜ぶにはあまりにも辛い現実すぎた。

ええじゃないか*8を、楽しそう、とは到底言えないような表情で踊る重岡くんが脳裏から離れなかった。

こんなことに後押しされたのも辛いが、私はここでやっと重岡大毅の担当になることを決意する。…と言っても玉森くんとの掛け持ち、という形であるが。

こんなに辛いデビュー発表になってしまった彼を、ジャニーズWEST4というグループを、応援しなければならないと、半ば義務感に似た思いもあったかもしれない。

そこからの1ヵ月間は、心中穏やかとは決して言えなかった。

最悪な雰囲気の(レポより)あけおめコンサート、日生舞台「なにわ侍」発表、グループ名の変更*9、ラジオでのメンバー増員に含みのある発言*10などが続き、2月5日からの日生舞台「なにわ侍 ハロー東京!」が始まるまで期待と不安が入り交じっていた。

2月5日。終演直後に「7人でデビュー!」というレポを見たときは涙が止まらなかった。これからも、大好きな人たちを、大好きなまま応援できるというのが、たまらなく嬉しかった。

それから現在に至るまで、実習や試験の都合もあいまって、ジャニーズWEST関連で入れたイベント・公演は4公演*11。台風n Dreamerは重岡くん不在*12だったので、7人がステージに立つ姿を見ることができたのは3回のみである。

遅ればせながら、2015年4月に元担である玉森くんからきちんと担降りしたのであるが、それから実はまだ重岡くんに会えていない。それでも、何度も「この人を、グループを好きになって、応援してよかった」と思わせてもらい、重岡くんのみならず7人全員のことが大好きだと思えるジャニーズWESTに出逢えて本当に幸せなおたく生活だった。


3月20日、新潟は朱鷺メッセで行われるジャニーズWESTのコンサートが、私にとって最後の現場となる予定である。

あと10年、15年…もっとかもしれないが、いつかちゃんと仕事ができるようになって、仕事が落ち着いて、休みが取れるようになれる日が来たら、そのときはまた、彼らに会いに行きたいと思っている。


私は離れてしまうけど、いつかジャニーズWESTの7人が、東京ドームでコンサートをやれるくらい大きなグループになりますように。

そしてそのときも、重岡くんがセンターとして、笑顔でいられますように。

もっともっと願いは尽きないけれど、一旦ここでおしまいにします。

わたしのおたく生活はまだ1ヵ月続くけど、このブログの最後はこの一言で。もとは北山くん作詞だけど*13、私は重岡くんの歌うこの歌とこの歌詞が大好きで、今の気持ちにぴったりだから。


“ さよならは終わりではなく


再開の合言葉 ”




2016.3.3 えっちゃん( @_ecchaaan_ )


*1:私は東北地方在住

*2:LET'S GO WEST~KANSAI!!~

*3:MC始め、金内柊真くんがマイクを忘れて(?真相は不明。)登場。重岡くんはすぐに自分のマイクを手渡し、自分は舞台袖にマイクを取りに戻り、何事もなかったようにMCに参加した。真剣な顔から笑顔のアイドルに戻る(なる?)瞬間を目撃。

*4:双眼鏡で担当である重岡くんの姿を追い続けること

*5:中間淳太くんと共に見学

*6:関西ジャニーズJr.X'masコンサート。例年約1ヶ月間、関西ジャニーズJr総出演で行われていたが、2013年は既存のグループが解体され、1ヶ月間様々な組み合わせでコンサートが行われた。B.A.D.(中間淳太桐山照史)と重岡大毅小瀧望の4人の公演や、濵田崇裕・藤井流星神山智洋の3人の公演もあった。

*7:ジャニーズWEST4として、中間淳太桐山照史重岡大毅小瀧望の4人のデビューが発表された

*8:後のジャニーズWESTデビュー曲。カウコンで初披露された。

*9:カウコンでは「ジャニーズWEST4」と発表されたが、数日で「ジャニーズWEST」と改められた

*10:関西ジャニーズJr.として文化放送レコメン!で毎週レギュラーを持っている『もぎたて関ジュース』(現『ジャニーズWESTのもぎたて関ジュース』)にて。2014年1月は旧B.A.D.の中間淳太くん、桐山照史くんが2人でコーナーを担当しており、「4月までメンバーも変えられるし…」などと発言

*11:2014.7.28 ジャニーズWESTデビュー記念イベント「デビューしてもええじゃないか~バンザイ!!その先の一等賞へ~」、9.6 台風n Dreamer、2015.1.3  ジャニーズWEST 1stコンサート 一発めぇぇぇぇぇぇぇ!両部

*12:2014年8,9月に松竹座/日生劇場で上演された舞台。重岡くんはごめんね青春!のドラマ撮影と重なり出演せず。

*13:2010年の日生舞台、「少年たち 格子なき牢獄」にてKis-My-Ft2北山宏光くん作詞の劇中歌として披露された「約束の歌」より。2011,12年の同劇場舞台「少年たち~Jail in the sky~」にて重岡くんにより披露された。